Velocidade Online

Mundial - Sport Protótipos

MUNDIAL - SPORT PROTOTIPOS - NOBU YAMAHA NO ASIAN LE MANS SERIES

Sexta, 29 Novembro 2019 11:27 | Actualizado em Terça, 11 Agosto 2020 20:36

Nobu Yamanaka makes strong Asian Le Mans Series LMP2 debut in China

 
While it was disappointing to suffer a gearbox failure, Nobu Yamanaka and Eurasia Racing New Zealand made an impressive LMP2 debut on Sunday at the Shanghai International Circuit in China.
 
The all-new team saw Nobu joined by Masa Yanagida and Daniel Gaunt in the #1 Ligier JSP2 17 and after plenty of testing mileage in Malaysia, the season got underway with Nobu running confidently from the start of the race, leading the LMP2 Am drivers, whilst staying in touch with the Pro drivers ahead.
 
Ultimately, the gearbox inexplicably failed just as Masa started the second stint of the race.  For Nobu, it was a strong showing in what was his debut in the LMP2 class.
The Japanese driver worked through the programme with his teammates in practice to set the car up to his liking before Masa qualified the car in sixth position.
 
Nobu took the start, quickly getting into a rhythm and lapping in the 2:01s bracket as requested by the team. While he lost two positions in the opening few laps, he maintained his confidence and was soon lapping well ahead of the LM2 Am entries behind.
 
Following his stint, the gearbox issue curtailed the race prematurely, but for Nobi, it was a good experience ahead of the next round of the championship in Australia.
 
“It was definitely a steep learning curve for me, but I enjoyed the race,” Nobu said. “It was difficult on the first few laps, but then I started to feel more comfortable in the car and enjoyed the rest of my race.
 
“It’s a shame for Masa and Daniel as they didn’t really get to race at all, but overall, it has been a good weekend.”

山中信哉は、中国で開催のAsian Le Mans Series LMP2クラスで力強いデビューをしました。

ギヤボックスの故障によりがっかりさせることになったが、山中信哉(Nobu)とEurasia Racing New Zeeland Teamは中国の上海国際サーキットでLMP2での印象的なデビューを果たしました。
新しいチームの#1  Ligier JSP217では、Nobuと、柳田真孝(Masa)、Daniel Gauntが組みました。そして、マレーシアで十分なテスト走行を重ねた後、レースのスタートからNobuの自信に溢れたドライビングでシーズンは始まり、Nobuはプロドライバーを追走しながらLMP2クラスのアマチュアドライバーのトップを走りました。

MasaがNobuから引継ぎレースの第2スティント目を走り出した直後に、ギヤボックスの不可解なトラブルが発生しました。しかし、NobuはLMP2クラスの力強いデビューを果たしました。
 
Nobuは、レースカーのセットアップを自身の好みに合わせるためにチームメイトと協力してテストプログラムをこなし、Masaが予選で6位のポジションを獲得しました。
 
Nobuはスタートを担当し、素早くリズムに乗りチームの目標ラップタイムの2分1秒台で周回を重ねました。スタート後の数周でポジションを2つ落としましたが、自信をもって走り続けLMP2アマチュアの前を十分なマージンをもって走り続けました。
 
Nobuのスティントの際、予期せぬギヤボックストラブルでスティントは短縮されましたが、Nobuにとって、Australiaで開催のシリーズの次戦に向けてとても良い経験となりました。
 
「私にとってとてもきつい学習曲線でした、しかし、私はレースを楽しみました」と、Nobuは言いました。「最初の数ラップは難しかったですが、私は次第に車が快適であると感じ始めて、残りの私のレースを楽しみました。」

「MasaとDanielがレースをすることが出来なかったのは彼らのために残念でした。しかし、全体として、楽しい週末でした。」


Facebook
Facebook
Visitas
Visitantes em linha
contador gratuito de visitas Total de visitas
Contacte-nos